モデルルーム

terracebalcony

マンションではなかなか叶えられなかった広々とした専用のアウトドア空間。「AlicStyle行橋駅前ザ・テラス」では、奥行き幅2.5mのフルワイドな
メインバルコニーを採用。そこは約10帖の大空間になり、リビングからそのまま移動して青空の下でティータイムをのんびり楽しむなど、使い方も自由自在です。
カフェ風にテーブルセットを用意して友人を招いてもいいし、子供たちと絵本を読んでくつろぐのもいいでしょう。テラスバルコニーがいろんなシーンを映し出し、
家族の楽しみをぐんと広げてくれます。

奥行き最大約2.5mテラスバルコニー 空間のゆとりを楽しむ奥行最大2.5mOPEN AIR BALCONY。

一日の終わりに星の瞬きや街の灯りを眺めながら、大好きな人たちと飲むお酒の味は極上の美味しさ。自慢の料理を並べ、お気に入りの音楽を流してみると、リビングと繋がるバルコニーが星空のナイトラウンジに変身します。

青空の下のテラスとして、のびのび遊べる広さと開放感に親子で大満足!子供たちだけで外で遊ばせることに不安を感じるパパやママも、リビングから子供たちの様子をチェックする事ができるので安心です。

マンションに住んだら、憧れのガーデニングにチャレンジ。広々としたバルコニーでは、四季の花々や緑鮮やかな観葉植物、優しい香りのハーブなど、栽培する作物に応じてどなたでも、気軽にガーデニングを楽しめます。

長尺物の収納に活躍するトランクルーム。 生活する有効面積の活用を。上質な空間に、住み続けたくなる工夫を込めて。

エイリックスタイルの住空間は、とくに生活する有効面積の活用に配慮しています。 例えば、柱型を住戸外に配したアウトポール設計。物干スペースだけにとどまら
ない出幅約2.5m(壁芯)の広々テラスバルコニー。
共用廊下からのプライバシーに配慮した広々としたポーチ。 空間の一体感を高めるセンターオープンサッシ……等々。生活者の思いをカタチにした、住まいの魅力に
こだわった住戸プランによって、住まう方のためにできることをさまざまな視点から考えた取り組みを進めています。

住戸玄関と共用廊下との間にポーチを設置。住まいのプライバシー性を高めました。

躯体柱を室外に出したアウトフレーム設計を採用しました。柱型が室内に出ないため、部屋をすみずみまで利用することができ、広がりのある住空間を演出しました。※主開口部側のみ

「AlicStyle行橋駅前ザ・テラス」
は最大奥行き約2.5mのテラスバ
ルコニーを採用しました。テラス
バルコニーは、大空の開放感を一
番身近に感じられるもうひとつの
リビングともいえる場所。植栽を
飾ったり、椅子やテーブルを置いて緑を眺めながらのブランチなど、
様々なプライベートタイムを演出してくれます。

広々とした開口部には、中央から左右に窓を大きく開放できるセンターオープンサッシを採用。光と風が住まいの中を通り抜けていく爽快感はもちろんのこと、リビング・ダイニング、テラスバルコニー、外部空間の連続性を高め、より一層の開放感を実感することができます。

一般的なマンションのバルコニーは、片側しか開かないことが多いですが、
「エイリックスタイル行橋駅前ザ・テラス」のリビング面には真ん中から開く
タイプのセンターサッシを採用しています。
開口部が大きくなりますから、幅のある
プランターなども楽にバルコニーに出し入れ
できます。 ※一部タイプを除く

奥行2.5mのテラスバルコニー部分には採光性に優れたガラス手摺を採用。明るい室内はもちろん、開放的な居住空間を実現します。
(一部タイプを除く)

※写真は当社マンションギャラリーを撮影(平成27年11月)したものです。またイメージ写真のため実際とは異なる場合がございます。一部オプションを含みます。
家具・小物・インテリア等は価格に含まれておりません。